RECOMMEND
できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

♪今日の日は〜さよう〜な〜ら  また〜逢う日まで〜

m(-ω-)mすみません。コメントできない設定にしてあります。

ここにはトンサンがその日の終わりに感じたことや、行動などを書いていこうかなと思っています。
「日々雑感」が日々更新できないのでメモとして使います。タイトルは高校生時代に聞いたラジオの深夜番組のテーマソングです。「キョーリンフォークカプセル」知っている人いるかなぁ・・・
<< 雇用保険説明会・日食 | main | 歯医者へ行ってきた >>
「太陽光発電」買い取り費、全世帯に料金上乗せ
今日の読売新聞夕刊に表記の記事があった。記事内容は次の通り。
-----------------------------------------------------
 家庭などの太陽光発電で余った電力を電力会社に現在の2倍の価格で買い取らせる新制度の導入に伴い、電力会社が買い取りコストを一般家庭の電気料金に転嫁する仕組みの詳細が23日、明らかになった。
 来年4月以降、低所得者も含めた全世帯から徴収する。上乗せ額は来年4月からの1年間は未定で、2011年度は標準的な家庭で平均月額約30円、16年度以降は最大月100円程度となる見込みだ。経済産業省が23日午後、買い取り制度に関する審議会の小委員会で公表した。
 新制度は7月に国会で成立したエネルギー供給構造高度化法で定められた。電力会社は現在、太陽光発電で余った電力を1キロ・ワット時あたり24円程度で自主的に買い取っているが、新制度では買い取りが義務付けられ、価格も同48円に引き上げられる。今年中に適用し、太陽光発電の普及を後押しして温室効果ガスの排出量を減らす狙いだ。
--------------------------------------------------------------------------------
新聞には低所得者層から反発が出るだろうと書いてある。
当然だ。またも弱いものいじめの政策。アパートに住んでいる人などは、一方的にソーラーパネルが設置できる富裕層の負担を軽くすることをさせられるのだ。
こんなアホな政策はない。ドイツが太陽光発電で日本を抜かしたからと、同じ政策で巻き返そうとする。弱者を犠牲にして。

ネットでの話題にこんなのがあった。
●太陽光発電を設置したように見せかけて、安い電力会社の電気をそのまま売ろう。そうすれば約倍儲かる。
●金のあるやつは広大な土地に太陽電池を置き、金儲けをするだろう。

2016年度に一家庭で月額100円のアップと試算されている。しかし設置する家庭が増え、コストダウンされてさらに増えれば、買い取り量も増えて負担はますます大きくなるだろう。

電気を作る方法は太陽光だけではなく、ガスなどによるコジェネもあるし、地方では水力発電や風力発電もやっている。太陽光発電だけを優遇するのは片手落ちである。
| 生き方・考え方 | 23:19 | - | - | - | - |